結婚と離婚、両方を経験して思うこと

bara_015
「バツイチ」だったころは、「わたし、バツイチです」っていうと。「あ〜、実はわたしも〜」ってこと、わりとありました。なぜか、外資の会社は、そういう女子が比較的多いのです。「バツニ」になって、「バツニで〜す」っていうと、(別に積極的に言ってるわけではないのよ(笑)
えっそうなのと、改めて聞き返されることが多いです。先日はおもしろかった。「バツ1回ならまだわかるけど、2回っていうのは、ぜったい性格になんか問題あるよね〜」と、顔見て言われました。はっきり言われると気持ちがいいかも、なんとも思わなかった。(笑
 

 
今や、どんなこと言われても、笑って流せるようになりましたが、20数年前に、初めて離婚をした時は、何年もひきづりました、本当につらかった。出産前に勤めていた会社には、会社初の女性の営業職の一人として入社したのだけれど、当時は、女性が産休を取るなんて考えられなかったので、妊娠したらやめるという選択肢しかありませんでした。
 
離婚してだんなさんいない、
仕事を辞めてしまったので収入がない、
仕事みつかるかどうかわからなくて不安、
保育園の抽選にあたるかどうか不安、
そもそも食べていけるのか心配、
こどもを大学まで行かせられるんだろうか、
と特に、経済的な不安が凄まじかったです。
 
こどもには、迷惑かけ続けてごめんね、ってずっと思っていました。
離婚をするなんて、最低だ、母親失格だ、こどものために我慢ができなかったなんて、なんてひどい親なんだ、とずっと親や周りの人に言われているように感じていました。
 
 
そして、最近になって、ようやくすごいことを思い出しました。
わたし結婚していた時は、すごく幸せだったんだということ。
ずっと封印していたんです。忘れようとしていました。
結婚期間はあまり長くなかったけれど、すごく楽しかった。
その時のだんなさんのこと大好きだった。
結婚したのは、間違いじゃなかったんだ思った。
 
そして、離婚した時も、お互い必要以上の我慢をせずに、最短期間で決着つけられた。
最初は、あーでもない、こーでもない、人にどう思われるか気になって、いろいろ頭で考えちゃったけれど、最後は、おなかの声に従って、正直になれた。
そう考えると、結婚も離婚も、わたしにとって、特別な人に出会えた素晴らしい経験で、大切な時間だった、と思えるようになりました。
 
うちのこどもが何て言っているか、「ママが、今よければ、ぜんぜんそれでいいよ。別にほんとなんとも思ってないよ」と言っています。なんていい子なんだ!
そしてうちの親は、ザ昭和の価値観の塊の人たち、「もうあなたに何言ってもむだなんで、好きにしてください。でも最近は楽しそうで、いいんじゃない」と言っています。
わたしがこれからできることは、多分、思う存分、もっともっと楽しく生きること。そして、その楽しさに、みんなを巻き込んでいくことかな、と思っています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*