催促することが、面倒だと思う気持ちの正体は、◯◯だった。

養育費を支払ってもらえなくて、
諦めたり、我慢したりするお母さん多いと聞きます。
 
どうしてあきらめちゃうの?
どうして、我慢するの?
もらいたければ、当然の権利なんだから、もらえばよいじゃん!と思います。

もう相手と関わりなくないから、
いやなことを思い出して、憂鬱な気持ちになるから
そんなことに時間を使うことが面倒だ
もう、いいや、あきらめよう。
 
実は、わたしはそう思って、一度は諦めました。
正式に、公正証書も作成したのにです。
支払い能力がないからどうせ無理ですよ、と公証役場の人にいわれて、強制執行も諦めました。
 
そのあとも、養育費のことを考えるたびに、
どんよりネガティブな気持ちになっていました。
お金に執着している自分が情けないと思ったり、
裁判を起こして、きちんと勝ち取った人の話を聞いて、
きちんとやるべきなのに、自分はできていないって
落ち込んだりしていました。
 

IMG_2527

 
 
でもね、
それが間違っていた、と気が付きました。
だって、約束したんだから、もらうの当然の権利でしょう。
違いますか?
お金ほしくないですか?
もしほしいなら、納得するまでやったほうがいい。
 
「そんなことに時間を使うことが面倒だ」といつも思いました。
「面倒だ」の正体は何なのか?
それが、ようやく、わかりました。
 
わたしの場合は、
養育費を催促する行動が、嫌なオンナだと思われるんじゃないか
お金に執着するかっこ悪い人間だと言われるんじゃないか
そういう世間体を気にしている自分に気がつきました。
 
そう思われるリスクを知らず知らずのうちに感じて、
そんなリスクを冒してまでやるのは「面倒だ」になっていたわけです。
欲しいという本心と、世間体を気にする気持ちが一致していないから、
わけのわからない、ネガティブな気持ちになっていたのです。
 
払ってほしいというのは、正当な要求だし、しかるべき権利ですよね。
であれば、楽しんでやればよいではないですか。
ゲームだと思えばいい。
結果がどうなるか、わからないけれど、
自分の本心に正直に、
ゲームを満喫すればよいと思います。
 
気がすむまでやれば、
結果がどうなっても納得できるし、
途中でやめたいと思えば、
その時やめればよいわけです。
 
誰かに、何かを言われるかもしれませんが、
 
気にしないことにしましたー♪( ´θ`)ノ
 
ということで、この件に関して、わたしも、気がすむまで、
満喫しようと思います。
どこまでやるか、自分の本心に正直に、生きてみようと思います。
 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*