心配することをやめると、子供は力を発揮し始める

うちのこどもが一人暮らしを始めて半年が経ちました。
これまでは、毎月お小遣いの日の翌日は、あっという間に使い切っての一文無しで、
あとは、自分の持ちものを片っ端から売って、
次のお小遣いの日までしのぐというスタイルの子が
どこまでサバイバルできるかと思ったけれど、
今は、なんと、大学に行きながら、自分で家賃も光熱費も、食費も払い、自活しています。
 
「宵越しの金はもたねえ」
タイプだから、将来お金の管理ができなくてやばいかも、なんて心配していましたが
その必要はなかったみたい。
一人暮らしは、自分でやりたい!と言い出したことだったので、
責任もって継続しようとするんですね。
 
2−3週間にいっぺんくらい、
さびしいから遊びにおいでよ〜というと、
遅い時間に電車でやってきて、だいたい一泊して帰るのですが、
冷蔵庫の中のもの全部食べつくて帰る(笑)
 
この間は、二人で話しているとき、こんなこと言ってました。
一緒に住んでいる時は、ママが言ってること、うるさかったから、はっきり言って何も聞いてなかったけど
今は、ゆったり聞けるよ。けっこう話すのおもしろいね。
 
浪人中の2年間こと思い出しました。
高校在学中は、文系だったのですが、
現役で受験に失敗した途端、
建築やりたいから理系に切り替えるといいだして、慌てて予備校のコース変更をやり、
結局途中で行かなくなりました。
浪人1年目の後半は、自衛隊に入隊するといいだし、
次はカナダに留学したい、になり大使館に走りました。
しばらくして、その熱が冷めたら、
2浪目の夏から秋は、どう欲目に見ても、河合塾 にいるより、
ヨドバシカメラにいる時間の方が長い受験生でした。
最後の1ヶ月半だけ勉強して、奇跡的に大学に滑りこみました。
 
こちらが、散々心配して、もっとがんばれ、がんばれを要求するものだから、
子供が、それに無理やり応えようとして、
いろいろと道に迷っていたんだろう。
一点に集中できずにいたんだろうなと思います。
 
IMG_2720
 
お互い、気持ちが通じなくて、プロレス級のとっくみあいの喧嘩をして、
マンションの壁や天井ぼこぼこに穴を空けた(笑)
突発的に、頭にきた子供が、マンションの屋根に登ったものの降りてこれなくなって
わたしもこわくて下で泣いてたことがあったし、
子供が、腹をたてて寝袋もって夜中に出て行ったものの、
公園で寝てたら蚊に刺されまくって、半泣きで帰ってきたこともあった。
 
今思えば、肩にぱんぱんに力が入って、心配しすぎでした。
心配してばかりで、その瞬間を楽しんでいる余裕がありませんでした。
でも、今思えば、心配することは、何もなかった。
ちゃんと成長しているし、
そして、母子家庭でも、誰にもいじめられず、
ふたりでも充分楽しかった!
 
最近は、楽しいことをたくさん経験することが一番だよ、としか言ってないんだけど、
そうしたら、今期はしっかり単位も取れたそうです。
その前の期は、半年で4単位しか取れなくて、どう考えても
大学に行っていないか、何もしていないかのどちらかだったはずだけど、
今は、どうやら楽しく学校に行き、友達を見つけて、
面白そうなことにチャレンジしているみたい。
 
心配するのをやめて、一緒に楽しもうとすると、
子供もリラックスして、自然にうまくいくようです。
失敗をたくさんしてもいいよ、と言ってやると、安心してのびのびしているし、
ぼけぼけしているところとか、寝てばかりのところが好きだよ〜って伝えると
逆にちゃんとするみたい。
なんかあったら本気でサポートするぜ、でもあとは勝手にがんばってね
くらいが、今はちょうどよさそうです。
 

自分が我慢をすればいい、じゃなくて、体の声をきいてあげる

もう、ぜったいに別れよう、
と決めていたにもかかわらず、
最後の最後に、めちゃめちゃ不安になって
やっぱりこのままでいたい、と思った。
 
やっぱり、このままでいようよ
と、泣いて何度も何度もたのんだけれど、
相手の決心が固くて
結局は、その後すぐに、離婚届を出した
 
あの時のことを思い出すと、
相手が決心曲げないでくれてよかったー、
ありがとうー
と感謝の気持ちでいっぱい(笑)
 
DSC_0127
 
なぜ、最後の最後にぐらついたかというと、
 
ひとりで働いて、
こどもを大学までやれるんだろうか、
こどもと二人、のたれ死ぬんじゃないかという経済的な不安と
 
こどもが、片親という理由で、
いじめられるんじゃないかという不安があったから
 
今思えば、いちばん大きな不安は、
 
親から文句をいわれるのが、面倒とか
親戚や、知り合いに、軽蔑されるのが怖いとか
友達や他人から、仲間はずれにされるのが寂しいとか
 
まあ、他人の目線👀ばかり
脳内で作り出した妄想や、不安と恐怖に、取り憑かれてました
 
結婚してても
ぜんぜん居心地がよい場所じゃなかった
一緒にいても、お互い幸せじゃなかったし
足ひっぱりあってて
 
なのに
自分が我慢すれば、そのうちうまくいくと思ってたし
自分が我慢すれば、いつか相手が変わると思ってた
自分を責めていれば、何か好転すると思ってた
そんなわけない(笑)
 
別れて、覚悟を決めたら、
資格試験に一発で合格し、
就職もして
大学院に行ったら
部下もできたし
お給料あがった
 
こどももいじめられたことないって言ってたし
喜んで大学行っているし🏫
あとは、カメラ小僧やってて、楽しいらしい🎵
 
他人の目線気にするんじゃなくて
脳内で作り出した妄想見るんじゃなくて
 
自分の声をしっかり聞いてあげて
自分に向き合うことから、逃げないで
今でも、ずっと、そう、自分に言い続けています
 

できるオンナに、すごく憧れた

できるオンナに、すごく憧れた
音痴だし
走るの遅いし
地図見ても迷子になるし
ポイントつかむの苦手だけど
それでも、ぜったい、できるオンナになるんだ、と決めていた
 
どうやら、世の中には、
最初っからなんでもできるオンナが
結構たくさんいるらしいってことがわかり
とてもそんな人にかなわないと絶望しかけた時に、
努力という手があることがわかった
 
ものすごい発見だった
だって、わたしみたいな不器用な人が、
できるオンナのように見える
 

続きを読む

強くなりたい、と思う

 
強くなりたいと思うのは、男子だけではありません
女子は欲張りだから、
綺麗になりたい、可愛くなりたい、というのに加えて
強くなりたい、という願望もある。
自分の身を守れたらいいし、
いざという時、大切な人を守ってあげられると思うと、すごくうれしいから。
 
前々から、興味があったキック、トレーニングに行ってきた
偶然前の晩に、友人から、行きませんか?と声がかかって、
実は、すごくやってみたいと思っていたんだ、と参加を決めた。
最近、なぜか、こういうことが多い。
以前から興味があったけれど、やれていなかったことにチャレンジできるチャンスが
ふいに訪れる。
 

続きを読む

離婚を2回もするような人は、◯◯な人

離婚を2回もするような人は、

子供を不幸にする人
我慢できない人
わがままな人
身勝手な人
性格が悪い人
 
そういう罪深い人間だから
周りに遠慮して生きるべき
 
みんな、口にはださないけれど
わたしのことをそういう目で見ていると思ってた。
みんなが、そう言っていると感じていた。
 
だから
 
楽しそうに笑うなんて、ずうずうしい、
いつも悩んで苦しんでなさい!
➡︎だから、いつもほんとに苦しかった
 
人に迷惑かけているんだから、
せめて仕事くらいちゃんとしなさい!
➡︎体力の限界まで、頑張らなくちゃいけないと思ったから苦しかった
休みたかった
 
ハイヒールなんて、男目線気にしすぎ
ペタンコの靴で目立たなくしてなさい!
➡︎もっと女の子らしくしてみたかった
 
旅行なんて贅沢
母子家庭なんだから、節約してなさい!
➡︎ほんとは行きたいのに、旅行なんて好きじゃないと思ってた
 
そうしていれば、みんな許してくれるだろう
誰にも責められないだろうって
どこかで思ってた。
 
でも、
そう思っていたのは、
まわりの誰かじゃなくて
全部自分だった
自分の勝手な思い込みだった
自分で自分を追い詰めてただけ
 
今頃気がついた
実は
いつも楽しくしていた方が、いろんな人に声かけてもらえた
本音で言いたいこと言ったら、以外と受け入れてくれた
前よりもっともっと、人と仲良くなれた
みんなすごく優しかった
 
だから、もっともっと
楽しくするぞ
好きなことたくさん見つけて
ハッピーに過ごす
みんなを、わたしのハッピーに巻き込むぞ
そう決めました

仕事をしながら、子育てをしていく中で、いちばん大切なこと

仕事をしながら、子育てをしていく中で、いちばん大切なことってなんですかって聞かれたら、「頼れる人をたくさん作って、その人たちを目いっぱい頼って、仕事を続けること」って答えると思う。ウチの子が、保育園の時、わたしは出戻りで、息子と一緒に実家のいそうろうだった。なので、親には徹底的に甘えた。保育園が家から30分くらい歩いたところにあったので、朝夕は自転車での送り迎えがあったのだけれど、仕事の都合で、どうしても時間どおりに帰れないことがあった。そういう時は、母にお願いをして迎えに行ってもらった。お願いすると、そおねえ、と嫌がるし、帰りにスーパーに寄って買い物をしたり、トラックがじゃんじゃん通る道を、子どもを乗せた自転車で走るのは、結構ストレスだったろうなと思うのだけれど、意外や、20年近くたった今でも、母は当時のことを思い出して、息子のお迎えに行って、一緒にネコの数を数えたり、お歌を歌いながら自転車に乗るのが、ほんとに楽しかったわ〜と話している。なんだ、そんなに楽しかったたんだ・・・そんなこと言ってなかったよ〜と思ったもの。(笑)

続きを読む

外人たちとランチ、パート2、寿司屋編

今日のランチは、スイス人、ポルトガル人、インドネシア人、フィリピン人、日本人で、「SUSHI」を食べに行きました。でこぼこグループ、年齢も、国籍もばらっばらな8人で、予約もなく、赤坂の寿司屋になだれ込みました。よく見ると、スイス人とポルトガル人の男子達は、なぜか全員ヒゲもじゃもじゃ、みんな同じ会社から来ている人。不思議だなあと思ったので、「会社でヒゲもじゃもじゃがはやってるの?」と聞いてみると、まあね、とニヤリ。一番若そうな、ポルトガル人が、「僕は、年が若いのがばれないようにしてるんだ、へへ」と言ったので、「へーで、何歳なの?」と聞くと、「トゥウェンティトゥー」だって。なんと、うちの息子と同い年だ、いつの間にか、そんな年の子と仕事する年になったんだ、長いこと働いたな〜っと感慨深かった。おじさんのひとりは、ヒゲを剃ってほしいと奥さんに泣いて頼まれたので、剃ってみたら、その奥さんがヒゲのない顔をみて爆笑した挙句、やっぱり伸ばしていいよと許可が出たらしい。特に流行っているわけじゃないみたい。それぞれのもじゃもじゃストーリーがある。 

続きを読む